iPod touchにWindows環境で利用できない不具合





 アップルのiPod touchが22日に出荷開始され、予約注文したユーザーの手元に届き始めているが、Windows環境で操作できないという報告が相次いでいる。アップル側では状況を確認中としている。

 到着したiPod touchの電源を入れるとPCと接続するように促され、接続するとiTunes側はiPod touchを認識し、楽曲の転送なども行える。しかし、iPod touchは接続を促す画面を表示したままの状態から画面が変化せず、操作を受け付けない。

 ケーブルを取り外して電源を入れ直しても状況は変わらず、現在のところは楽曲が転送されたかを確認する術もなく、一切の機能が利用できない。手元にMac OS環境がないためにこの現象がどれだけの再現性を持つものか明確なところは判明していないが、ユーザーコミュニティやブログでの報告を見る限り、Windows環境でiPod touchが使えない状況は全国で発生しているようだ。

 アップル側では「現在は状況を確認しているところ。確認がとれ次第、Webサイトなどを通じて情報提供を行っていく」としている。

 なお、iPod touchは発表時に「9月28日までには出荷」とアナウンスされており、実際、22日より予約注文者向けに出荷開始されたことから、近日中にはApple Storeをはじめとした店頭にも並ぶものと予想されていたが、今回の不具合発生により、店頭での販売開始に遅れが出る可能性を指摘する声もある。
(2007.9.25/+D LifeStyle/)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-25 11:06 | 周辺機器  

<< 「1カ月43分まで通話無料」の... TDK、厚さ300マイクロメー... >>