「続きはネットで」サイト誘導――検索CM10倍に急増


 「続きはネットで」――。インターネットと連動した「ウェブ検索CM」と呼ばれるテレビCMが急増している。CM総合研究所(東京・港、関根建男代表)の調べでは、2007年1―6月の同CMの本数は前年同期の10倍に達した。テレビでは伝えきれない詳細な商品情報をネットで提供して広告効果を高める手法として、企業の間で利用が広がりつつある。

 2年前から徐々に増え始めたウェブ検索CMは、テレビCMの最後に「検索窓」を登場させ、視聴者に商品名などのキーワードを入力して検索するように促す。視聴者が検索サイト経由で誘導されたサイトを訪れると、テレビCMの続編が視聴できたり、詳細な商品情報やキャンペーン情報が入手したりできる。(2007.9.24/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-24 09:12 | インターネット総合  

<< JCOM、有料番組視聴で募金に... ヤマハ、映像コンテンツで新会社... >>