パスモ・スイカ、知らぬ間に「ピピッ」…運賃誤引き落とし

 路線バスの運賃箱に、鉄道、バス共通ICカード乗車券の「PASMO(パスモ)」や「Suica(スイカ)」を近づけてしまい、本人が知らぬ間に運賃が誤って引き落とされるトラブルが相次いでいる。

 バス会社は運賃箱近くに立つ時は、手持ちのICカードを読み取り部分に近づけすぎないように呼びかけているが、ICカードの発行枚数が急増していることなどから、同様の事態は広がりそうだ。

 首都圏の大手バス会社、関東バス(東京)では今年3月、パスモとスイカで運賃を支払えるようにしてから、運賃を支払う時以外にも機械が反応し、運賃が引き落とされるケースが少なくとも14件あった。乗客が申し出るなどして、いずれも返金したという。
(2007.9.22/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-23 05:58 | 周辺機器  

<< “ネット渋滞”緩和へ指針 MTVが「世の中を変えたい」若... >>