PS3仮想空間「Home」、来春に公開延期




 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の平井一夫社長は、9月20日に開幕した東京ゲームショウの基調講演で、年内公開予定だったプレイステーション 3(PS3)向け3次元仮想空間「Home」の公開を、来春に延期すると発表した。

 Homeは、ユーザーがアバターを操作して他ユーザーと交流したり、自分の部屋を作ったりできる仮想空間で、Second Lifeに対抗するサービスとして注目されている。

 海外では今秋、国内では年末に向けて公開する予定だったが、「より楽しくご利用いただくため」公開を来春に延期する。
(2007.9.21/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-22 06:50 | 周辺機器  

<< ツーショット“写メ”で相性診断... ウィルコム、停止していた京ぽん... >>