ウィルコム、14日発表の京ぽんの不具合の修正ソフトウェアを公開




 ウィルコムとウィルコム沖縄は19日、14日に発表された京セラ製「WX320KR」、および同「WX320K」の不具合を修正したバージョンアップソフトウェアを公開した。

 同バージョンアップソフトウェアは、WX320KR、および13日公開のバージョンアップソフトウェアを適用したWX320Kのパケット通信が不安定になるという現象を修正するもの。ウィルコムによれば、不具合の原因は、13日公開のバージョンアップソフトウェアにあったことを確認し、修正版のバージョンアップソフトウェアを改めて公開したという。13日公開のバージョンアップソフトウェアを適用していないWX320Kではこの不具合は確認されていないが、本日公開のバージョンアップソフトウェアを適用しても問題は発生しない。

 なお、現在販売を一時停止しているWX320KRについては、修正ソフトウェアを適用した製品が準備でき次第販売を再開する予定だ。

(2007.9.19/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-19 18:22 | 周辺機器  

<< KDDI社長、「PC向けデータ... mixi、10月にデザインリニ... >>