KDDI、インテル、京セラ、JR 東日本など、モバイル WiMAX 事業企画会社を設立



KDDI、インテル、JR 東日本、京セラ、大和証券グループ本社、三菱東京 UFJ 銀行は、2007年9月18日、モバイル WiMAX 技術を用いた 2.5GHz 広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)の特定基地局開設計画の認定(事業免許)取得を目的に設立した「ワイヤレスブロードバンド企画株式会社」への出資及び事業免許付与後のワイヤレスブロードバンド事業運営において協力することに合意したと発表した。

新会社は、この合意に則り、事業免許を申請し、免許が付与され次第、出資各社の強みを最大限活用し、ワイヤレスブロードバンド事業の早期開始を目指す。

KDDI は、他社に先駆けて、2003年よりモバイル WiMAX 技術に着目し、IEEE、WiMAX フォーラムでの国際標準化に貢献するとともに、2006年には実用化を目指した国内で初の実証実験を大阪市で実施した。

また、通信インフラの構築・運用保守など長年培った技術力・ノウハウも有しており、これらの経営資源を新会社に継承し、新会社の事業運営上の強みとしていく。

インテルは、モバイル WiMAX の世界的な普及と対応機器の開発を推進するリーダーシップを活かし、グローバルな規模で、モバイル WiMAX 市場の創出を牽引している。

インテルは、同社の戦略投資部門である「インテルキャピタル」を通じて、このたびの新会社に出資する計画だ。インテルキャピタルは、世界各国でこれまでにも重要なモバイル WiMAX 案件に対して投資を行っている。

JR 東日本は、首都圏を中心として幅広い顧客基盤を有する。加えて、新会社は、京セラ、大和証券グループ本社、三菱東京 UFJ 銀行から出資を受けることにより、モバイル WiMAX ネットワークを早期に構築するための安定的な財務基盤を確立する。

新会社の正式な社名は「ワイヤレスブロードバンド企画株式会社」、資本金は、8億5,000万円。株主の出資割合は、KDDI:32.26%、インテル キャピタル:17.65%、JR 東日本:17.65%、京セラ:17.65%、大和証券グループ本社:9.8%、三菱東京 UFJ 銀行:5%。

代表取締役社長には、KDDI の田中孝司氏が就任する。
(2007.9.19/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-19 18:20 | 周辺機器  

<< 英国版iPhone、無料Wi-... Second Lifeにパスワ... >>