IBM、無償オフィススイート「Lotus Symphony」を提供開始



 米IBMは9月18日、ワープロ、表計算、プレゼンテーションソフトから構成されるオフィススイート「Lotus Symphony」を、同日より無償で提供開始すると発表した。同社サイトでダウンロードできる。



 Lotus Symphonyは「Lotus Symphony Documents」「Lotus Symphony Spreadsheets」「Lotus Symphony Presentations」で構成されており、WindowsとLinuxに対応。Open Document Format(ODF)をベースとし、Microsoft Officeを含む複数のファイル形式と互換性を持つ。PDF形式で出力することもできる。

 現在、英語版のβバージョンがダウンロード可能。

 今回リリースされたLotus Symphonyの名前は、1985年に発表されたLotus1-2-3に次ぐDOS用統合ソフトウェアに使用されていた。

(2007.9.19/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-19 18:18 | PC  

<< Second Lifeにパスワ... Google Readerが日... >>