光回線契約数、1000万件に迫る・6月末、総務省調べ

 総務省が18日発表した2007年6月末の全国のブロードバンド(高速大容量)通信の契約数によると、光ファイバー通信回線の契約数は966万3000件で1000万件の大台に迫った。ただ、4―6月の純増数は85万8000件と1―3月(86万4000件)に比べ減少し、普及の勢いは鈍っている。

 ブロードバンド契約数全体に占める光回線の割合は3月末から3ポイント高まり36%。一方、電話線を使ったデジタル高速通信であるADSLサービスの契約数は22万7000件減少し1378万6000件となり、ブロードバンド契約数全体に占める割合は2ポイント下がって51%になった。
(2007.9.19/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-19 09:14 | インターネット総合  

<< リコー、ITサービス事業を拡大... ドコモの定額データプラン、使う... >>