NTTコム、IPv6利用仮想私設網を試験提供


 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は13日、法人を対象に次世代インターネットプロトコル「IPv6」を利用した仮想私設網(IP―VPN)の試験提供を18日に始めると発表した。試験に参加するモニター数社を募集し、IPv6接続のための専用回線を用いる「ネイティブ接続」型で提供する。1本のVPNで最大5回線が利用できる。期間は08年8月末までとし、参加費用は52万5000円。(2007.9.14/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-14 13:17 | インターネット総合  

<< 米Google、月面探査に役立... ニフティ、「パソコントラブル検... >>