パッケージ版「Windows Vista」の売れ行きは低調--米調査




 間もなく発表される予定のレポートによると、パッケージ版「Windows Vista」の販売台数は、「Windows XP」の発売当初の販売台数とほとんど同じような動きを示しているという。

  NPD Group によると、製品発売後の最初の6カ月で、Windows Vistaの米国の小売店における単体製品の販売台数は同期のWindows XPの販売台数を59.7%下回った。売り上げの面でも金額は下回っているが、下落幅はそれほど急激ではなく41.5%にとどまっている。レポートの内容は、Vistaが1月に発売されてから1週間にNPDが観察した売り上げのパターンをほとんど反映している。

 Vistaの小売店における販売台数についてNPDのアナリストであるChris Swenson氏は「あまり良くない」と指摘するが、ほとんどのユーザーは新しいPCにプリインストールされたOSを購入しており、パッケージ版を購入する消費者は少数だと付け加えた。「Windows Vista Still Underperforming in U.S. Retail(米国小売販売で依然伸び悩むWindows Vista)」と題するレポートは米国時間9月14日に顧客に送付される予定。

 Microsoftもパッケージ版の売り上げに関する分析は、Vistaの勢いを反映していないということで意見が一致しており、ユーザーがPCの新規購入時にプリインストールされた新規のOSを購入する傾向は、Vistaではさらに加速していることを指摘している。

 MicrosoftはCNET News.comに対して声明で、「レポートの内容をまだ見ていないのでコメントできないが、われわれが追求しているすべての市場区分で引き続き軌道に乗っている」と述べ、「2007年夏には、6000万本以上のライセンスを販売した」と語っている。


 Microsoftは規制当局に対する報告書の中で、Windowsの売り上げの80%以上はWindowsを新規マシンにインストールして販売するコンピュータ製造業者からのものであり、パッケージ版は総売上高のほんの一部に過ぎないと述べている。そしてPC市場は5年前と比べてはるかに大きくなっている。調査会社の Gartner によると、2001年に世界で販売されたPCの台数は1億2800万台だったが、2006年にはおよそ2億3900万台販売されたという。

 Vistaの販売台数は多くの面でPCの販売台数と密接に関連している。大きな要因の1つは、企業がVistaに移行する速度である。大部分の企業はまだ、Vistaの大量導入に踏み切る動きを見せていないが、MicrosoftはInfosys、Citigroup、Charter Communications、Continental Airlinesなどの企業が大量に導入したと宣伝し始めている。

 MicrosoftはVistaの発売前に、発売初年度には企業がXPの時の2倍のペースでVistaを導入することを予測していると述べていた。

 しかし、多くの企業はMicrosoftがVistaの初回のアップデートをリリースするまで導入の検討は控えると述べている。MicrosoftはWindows Vistaの初回サービスパックのベータ版のテストを開始しようとしているが、完成したサービスパックがリリースされるのは2008年である。

 Vistaと同日に発売された「Office」の小売販売台数に関するニュースは明るい。

 Office製品の1月から6月までの小売販売台数は、「Office 2003」の発売後6カ月の数字と比べてほぼ2倍であり、2006年上半期のOfficeの売上高と比較しても59.6%上昇している(Office 2003の小売販売台数は、製品のライフサイクルが尽きるまで成長を続けた)。

 Officeの販売台数の大半は新製品である「Office 2007」によるものである一方、パッケージ版Officeの全売上高に占める「Office for Mac」の割合は20%をわずかに上回る程度にすぎないとSwenson氏は指摘する。また、同氏によるとMac版Officeの売り上げが急激に伸びた一因として多くのユーザーがMacに切り替えたこともあるという。

 「新しいPCを購入する場合は、古いWindowsソフトウェアを再利用することができる」とSwenson氏は語る。しかし、PCからMacに乗り換えてOfficeが必要になった場合は「新しいソフトウェアを購入しなければならない」(Swenson氏)

 NPDのデータは、Best Buy、CompUSA、TargetおよびAppleの小売店といった大手小売業者に関するNPDの月例ソフトウェア販売レポートを基にしている。また、Amazon.com、Buy.com、BestBuy.comといったオンライン販売業者のデータも含まれている。

 Vistaの販売台数が低調である理由としては、おそらく多くの要因があるとSwenson氏は言う。ハードウェアの要件が厳しいということは、Vistaの購入を希望するユーザーが新規PCの購入を決断するケースが増えることを意味する。特にWindows XPの発売当初と比べてコンピュータの価格が大幅に下落しているので一層その傾向が強まる。またSwenson氏は、MicrosoftはXPの場合と比較してあまり広告を打っていないとも指摘する。

 「問題は、Vistaには複雑な新機能が多く、それについて消費者を啓発する必要があることだ」とSwenson氏は言う。「Appleが『iPhone』の可能性について大衆を啓発したり、MacとPCを比較した広告の中でMac OSの1つの機能や利点を集中して宣伝したりしたように、Microsoftもテレビ、ラジオ、印刷広告を利用して、Vistaのさまざまな新機能について大衆を啓発するべきだ。しかし広告の量は、XPの場合と比較して見劣りする」(Swenson氏)

 パッケージ版Vistaの販売台数が下落しているといっても、それは今後上向きになる可能性を否定するものではないとSwenson氏は言い添える。XPの販売台数も2001年の発売から何年か後にピークを記録したと同氏は指摘する。

 「その理由に対する私の仮説は、XPの発売前には『Windows 2000』または『Windows Me』が動作しているPCを購入した多くのユーザーが存在し、アップグレードすることにしたときに、初回購入後しばらくしてからXPへのアップグレードを選択したというものだ」とSwenson氏は語る。「Vistaについても同様の傾向が見られる可能性がある」

 しかし、Vistaにアップグレードできるのは比較的新しいPCに限られるという事実や単体製品の販売台数が改善の兆しを見せていないことを考えると、「そのようなことが起こる可能性は非常に低いように思える」とSwenson氏は指摘する。
(2007.9.12/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-12 20:01 | PC  

<< au、インターネット接続をさせ... 異例の売れ行き「初音ミク」 「... >>