手のひら静脈認証できるマウス 富士通が世界初





 富士通と富士通フロンテックは、手のひら静脈認証装置付きマウスを10月初旬から法人向けに発売する。マウスに手をかざすだけでPCにログイン可能。従来必要だった認証サーバも不要で、PC単体で利用できる。静脈センサーを内蔵したマウスは世界初という。


 2004年に開発した手のひら静脈認証装置「PalmSecure」を活用し、PCログインキットを開発した。専用ソフトをインストールしたPCに静脈センサー内蔵マウスをUSB接続すれば、認証機能を利用できる。認証設定は、PCのアプリケーションごとに可能だ。

 PalmSecureはこれまで金融機関などに導入されてきた。認証サーバ不要で手軽に利用できるマウスの発売で、ユーザーのすそ野を拡大する。

 黒、白、グレーの3色から選べ、オープン価格で実売予想価格は3万円弱。サイズは63(幅)×39(高さ)×120(奥行き)ミリ、約160グラム。

 マウス機能を省いた認証専用の「スタンダードタイプ」も実売2万7000円弱で発売する。
(2007.9.12/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-12 18:13 | 周辺機器  

<< 異例の売れ行き「初音ミク」 「... 「今後はすべてBD」――ソニー... >>