「今後はすべてBD」――ソニーがBDレコーダー4機種を発表






 ソニーは9月12日、Blu-ray Discレコーダーの新製品4機種を発表した。ラインアップは、テレビ録画向けのスタンダードモデル「BDZ-T50/T70」、ハンディカムとの親和性を重視した「BDZ-L70」、DeepColor出力などに対応したホームシアター向け上位モデル「BDZ-X90」。いずれも圧縮効率の高いMPEG-4 AVCエンコーダーを搭載し、50GバイトのBD一枚に最大約16時間の録画が可能になった。



 同日から開催される販売店向けの展示内覧会「ソニーディーラーコンベンション 2007」に先だち、会場でBDレコーダーの発表会が行われた。挨拶に立ったソニー代表執行役副社長でコンスーマープロダクツグループを担当する井原勝美氏は、地上デジタル放送やHDTVの普及、さらには年内に200を超えるBDタイトルが用意されることを挙げ、次世代レコーダーの環境が醸成されたと話す。「ハイビジョンレコーダーは本格普及期に入った。今後、国内市場に投入するレコーダーはすべてBDとして普及に努める」(井原氏)。

 詳細は別途記事を掲載する。なお、注目のコピーワンス規制緩和への対応については、「製品出荷までに規格化が間に合えば出荷時点から、間に合わなければ放送波アップデートで対応する予定」(同社)としている。

(2007.9.12/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-12 18:12 | 周辺機器  

<< 手のひら静脈認証できるマウス ... デジカメ国内出荷、見通し一転上... >>