ワンセグ携帯 1000万台超

電機メーカーなどでつくる電子情報技術産業協会によりますと、ことし7月に国内で出荷された「ワンセグ」対応の携帯電話は186万台余りと、1か月間の出荷台数としては過去最高に達しました。携帯電話全体に占める「ワンセグ」対応の機種の割合も増え続けており、7月は36%に達しました。これによって、おととし12月から出荷されたワンセグ対応の携帯電話の合計は1177万台になり、1年半余りで1000万台を超えました。これは、携帯電話各社が、カメラや音楽機能に続く新しい機能として、対応製品の品ぞろえを急速に増やしているためです。電機業界の団体では「特にことしに入ってから出荷が急速に伸びており、今後はワンセグ対応の携帯電話が主流になっていくだろう」と話しています。(2007.9.12/NHK)


http://www.first-brain.net/
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-12 07:22 | 周辺機器  

<< ヤマダ電機攻勢、雑貨も家具も・... トヨタのWebサイト価値は1,... >>