全力で笑う未来を応援する「リアルタイム笑顔度測定技術」






うっかり17%のキャパで笑っても誰もその間違いを教えてくれない。
…そんな恐怖とも永久に決別できる日がついにやってきました。

オムロンが12年がかりで開発した「リアルタイム笑顔度測定技術」では笑い加減を数字で教えてくれます。3Dモデルフィッティング採用により、向きに結果が左右されない高速・高精度の測定を実現しました(なんでもいいですけど「笑顔度」って呼ぶんですね)。

「今日は83%でいこう」とか数値目標を掲げながらの練習も可能なら、クラス全員60%に揃うまで何度でも撮り直しもオーケー。M-1グランプリなんてお客さんの笑顔測っちゃえば審査員は廃業でしょう。新郎・新婦の笑顔度がバランスしてないと小さな波紋も呼びそうな…用途不明なだけに、どこまでも想像が広がります。

10月2~6日「CEATEC」(幕張メッセ)会場にて実演予定。

(2007.9.11/ギズモード・ジャパン)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-11 17:08 | インターネット総合  

<< ネットで親友は作れない? 英研... アップル、700MHz帯周波数... >>