NEC、ウェブ2.0技術採用した協業ソフト最新版を発売


 NECは10日、ウェブ2・0技術を取り入れたコラボレーション(協業)ソフトの最新版「スターオフィス・エックスシリーズ」を発売したと発表した。作業環境の統合化により、操作性の向上などを実現した。価格は84万円から。3年間に同シリーズ全体で2500システムの販売を見込む。
 画面上の必要な業務などを自由に組み込むことで、情報やサービスをいち早く利用可能な環境を構築できる。また情報発信や相互議論が簡単にできるブログ(日記風簡易ホームページ)など企業向けウェブ2・0ツールを採用した。
 企業内の蓄積情報などの活用促進につながるほか、インターネット上のサービスや企業の基幹システムとスターオフィス固有のサービスを組み合わせた高度な作業環境の構築が実現。「一つの画面ですべての業務を快適に行える」(NEC)とし、個人の生産性向上につなげることができる。
 情報セキュリティーや内部統制システム構築支援ツールといった業務基盤に加え、独自の高速検索技術を取り入れた情報管理基盤も提供する。
(2007.9.11/日刊工業新聞)



[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-11 12:18 | PC  

<< ドコモ九州、H―IIAロケット... SNS、携帯での閲覧拡大・ミク... >>