日テレ・ドコモ、ワンセグで電子商品券送る新広告手法


 日本テレビ放送網とNTTドコモはワンセグ(携帯端末向け地上デジタル放送)の放送波を使った新しい広告宣伝手法を実用化した。CMとは別に、データ放送波に電子商品引換券という販促ツールを織り込んで流す。まずコカ・コーラグループが利用する。テレビCM市場の成長が見込めない中、急増するワンセグを使った新手法に注目が集まりそうだ。

 ワンセグは番組だけでなく、同時に番組関連情報や文字ニュースなどのデータ放送を流すことができる。資本・業務提携している日テレとドコモはワンセグ活用の一環として、データ放送の空き領域の一部を使い、広告主のために販促ツールを送る仕組みを共同開発してきた。第一弾として、コカ・コーラグループが新商品の販促に利用する。(2007.9.9/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-09 07:10 | インターネット総合  

<< ソニーとマイクロソフトがウィキ... 携帯パケット料金、高額になるケ... >>