MSとSiemens VDO、「車内エンターテインメント」技術開発で提携

Microsoftのソフトウェア技術とSiemens VDOの車内システム開発の経験を組み合わせ、自動車向けの次世代「インフォテインメント」システムの開発を目指す。
 独Siemens VDO Automotiveと米Microsoftは9月7日、自動車向けのコミュニケーション、情報、エンターテインメント、ナビゲーション製品の開発で提携を発表した。Microsoftのソフトウェア技術と、Siemens VDOの車内システム開発の経験を組み合わせるもので、早ければ2009年に最初の製品の生産に入る見通し。

 Siemens VDOは、Microsoftの車内向けソフトプラットフォーム「Microsoft Auto」を活用し、ナビゲーションやハイエンドのマルチメディアユニット、携帯エンターテインメント端末の車内接続インタフェースなど、自動車向けの次世代インフォテインメントシステムを投入する。

 Microsoft Autoの活用によりSiemens VDOは、システム設計や自動車への統合、運転手支援システムや安全システムなどに注力でき、一方のMicrosoftは、マルチメディアアプリケーションや携帯機器の統合などに焦点を絞ることが可能になるという。Siemens VDOは、Microsoft Autoの開発や、対応アプリケーションのサードパーティーへのライセンスなどを積極的にサポートする。

 2009年には、車内向けマルチメディアプラットフォームが登場する見通しで、携帯端末を自動車システムにより密接に統合することが可能となる。実現後は個々のソフトコンポーネントを追加することで、さまざまな家電分野のソリューションを迅速に車内に展開できるようになるとみている。(2007.9.8/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-08 18:45 | インターネット総合  

<< 携帯パケット料金、高額になるケ... マイスペース、音楽や動画を携帯... >>