9月のMS月例パッチ、緊急は1件のみ

日本時間で12日に公開される月例セキュリティ更新プログラムは緊急レベルが1件、重要レベルが4件となる。

 米Microsoftは9月11日(日本時間12日)、計5件のセキュリティ更新プログラムを公開する。最大深刻度「緊急」はこのうち1件のみで、残り4件は「重要」レベルとなる。6日の事前通知で明らかにした。

 緊急レベルの更新プログラムは、リモートからのコード実行に悪用される恐れのあるWindowsの脆弱性に対処する。影響を受けるのはWindows 2000 SP4。

 重要レベルの4件は、Visual Studio、UNIX向けWindowsサービス/UNIXアプリケーション用サブシステム、MSN Messenger/Windows Live Messenger、Windows/SharePoint Serverがそれぞれ対象となる。

 このうちVisual StudioとMSN Messengerの脆弱性はリモートからのコード実行、UNIXサービスとSharePoint Serverの脆弱性は権限昇格に利用される恐れが指摘されている。

 併せて、悪意のあるソフトウェア削除ツールの更新版も公開。セキュリティ以外のアップデートはMicrosoft Update(MU)とWindows Server Update Services(WSUS)経由で1件をリリースする。
(2007.9.7/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-08 03:25 | PC  

<< NTTドコモ純減 「守備」弱さ... 3人に1人、携帯が辞書代わり=... >>