<米アップル>iPhone値下げで抗議殺到 百ドル還元へ



米アップルが新型携帯電話「iPhone(アイフォン)」の値下げを決めたことに、購入者から抗議が殺到し、同社のスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は6日、謝罪の声明を出し、商品券などの形で100ドル(約1万1500円)を購入者に還元する異例の措置を発表した。
 iPhoneは人気のデジタル音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」の機能を搭載し、6月末に発売されたが、アップルは5日、発売からわずか2カ月で価格を599ドルから399ドルに値下げすると発表した。
 その直後からインターネットのサイトに値下げに反発する購入者の書き込みが相次ぎ、ジョブズ氏にも抗議の電子メールが数百通届いたという。
 iPhoneは発売から2日間で27万台が売れ、アップルは「9月末までに100万台を販売できる」と説明している。だが、市場では「販売が伸び悩んでいるため、値下げした」との見方が出ている。
(2007.9.7/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-07 16:15 | 周辺機器  

<< 「初級シスアド」消える――情報... NEC、異種の無線タグに対応す... >>