予想される「iPod」のニューモデルとは--「ビートはさらに続く」か?




 Appleは、同社の製品の中で最も人気の高い「iPod」のマイナーチェンジを2年以上にわたって繰り返したのち、どうやら新モデルの準備を整えたようだ。

 来るべきiPodの発表について数週間にわたり流れていたうわさは、米国時間8月28日午後に、正しいことがほぼ確実になった。この日Appleがメディアに、サンフランシスコで9月5日に開催予定のイベントの招待状を送ったからだ。例によってAppleは、何を発表するかについて明言を避けているが、踊るiPodユーザーのシルエットを見ると、想像の余地はあまりない。

 招待状に書かれているように、AppleのiPod部門にとって「ビートは続く」(the beat goes on)。iPodが発売されてから約6年経過したが、Appleは依然として携帯音楽プレーヤー市場を支配している。NPD Groupの調査によると、2007年上半期の同市場で、iPodは72.4%のシェアを占めたという。SanDiskの最高経営責任者(CEO)Eli Harari氏などのライバルでさえ、音楽プレーヤー市場でのAppleの独走には脱帽している。過去2年の間、AppleはiPodのデザインをほとんど変更していないにもかかわらず、売れ行きが減速する兆しはまったく見られない。

 Harari氏は最近、CNET News.comによるインタビューの中で、「実に素晴らしい。賞賛に値する場合は賞賛しなければ」と語っている。

 SanDiskは最近、「iPod shuffle」と競合することを期待して「Sansa Clip」を発表してはいるが、現在のところ、iPodを追い落とす製品の開発よりも携帯電話用フラッシュメモリ市場の開拓のほうに注力している。

 AppleのCEOを務めるSteve Jobs氏は、2005年9月のメディア向けイベントで、薄型の「iPod nano」を披露して、同日発表したMotorolaの音楽再生機能付き「iTunes」対応携帯電話「ROKR」の影を薄くした。2006年9月には、Appleはnanoと第5世代iPodをマイナーチェンジし、モニター輝度向上と機能追加を行なったが、両モデルの基本デザインは変更せず、より小型のiPod shuffleを発表した。


 こうした改変が販売台数に影響を及ぼさなかったことは明らかだ。Appleは、会計年度2007年第1四半期(12月30日締め)には、ホリデーシーズン商戦の時期に重なることもあって、2100万台のiPodを販売している。今回、Appleの観測筋は、同社がもっと大胆な改変を施して、iPodでのビデオ体験の質を向上させるとともに、iPod nanoにビデオ再生機能を加えるのではないかと予想している。

 iPodで音楽を聴くことは、今やごくありふれた行為だ。長年、携帯型ビデオプレーヤーには見向きもしていなかったが、Jobs氏もついに考えを変え、iPod nanoの発売から1カ月後、Appleはビデオプレーヤー機能が付いたiPodを発売するとともに、「iTunes Sotre」でテレビ番組を購入できるようにした。また、2006年には、iTunes Sotreで取り扱う商品を拡大して映画も購入できるようにしたものの、ビデオのダウンロード市場はいまだに確立していない。

 NPD Groupは2007年初め、米国にいる14歳以上のユーザー1万1000人を対象に調査を行ったが、その結果、テレビ番組や映画を過去半年間にオンラインで購入した人は、回答者のわずか6.6%しかしないことがわかった。ビデオを見るのに「Apple TV」経由でテレビやコンピュータを利用するのではなく、iPodを使う人がどの程度いるのかははっきりしないが、携帯端末でのビデオ視聴は今でも非常にニッチな市場だ。

 Appleが、5日の新製品発表でこの状況を変えたいと考えている可能性はある。この数カ月間絶えることのなかった噂は、ビデオ体験の質を向上させるために、現行のビデオプレーヤー機能付きiPodとそれより小型のiPod nanoの両方のデザインが見直されるというものだ。

 現時点でビデオを再生できるのは第5世代のiPodだけだが、採用されているディスプレイは2.5インチで、「iPhone」が出た今となってはなんとも小さく見える。Appleの話題を扱うサイトや金融アナリストの一部からは、電話機能はつかないものの、iPhoneと同じ3.5インチのディスプレイを搭載したiPodを、Appleが発売するという予測も出ている。

 また、ビデオ再生可能な新バージョンのiPod nanoを発売するという見方も多くある。ただし、iPod nanoの小ささを保ちながらどうやってこの目標を達成できるのかははっきりしない。

 現行のiPod nanoには、1.5インチのディスプレイが搭載されている。AppleがiPod nanoのディスプレイをこれより大きくするのであれば、デザイン上の代償をいくらか伴うことになる。Apple関連情報で有名なサイト、9 to 5 Macでは一時期ビデオプレーヤー機能付きのiPod nanoの写真を公開していたが、このiPod nanoは、大きなディスプレイに合わせて現行のモデルより短く幅の広い形をしていた。9 to 5 Macによれば、Appleの法務部門がこの画像の掲載をやめるよう要求してきたという。だからといって、この写真のデザインが本物だとは言えないが、もちろん否定することもできない。

 薄型であることがiPod nanoの持つ最大の特徴の1つになっていることを考えれば、Appleが現行のデザインを壊してしまうことはやや奇妙に思われる。しかし、Appleは2005年、当時最も人気のあったiPodである「iPod mini」をためらいもなく廃止し、iPod nanoが普及する道筋を作っている。したがって、同じような移行を決行するにあたって、同社が自信を持って悪い理由は何もない。

 ディスプレイ用のスペースを拡大すること以外で、新iPodの鍵となるのは、iPhoneと同じく機能を絞った「Mac OS X」を採用することだと、投資銀行Piper JaffrayのGene Munster氏は言う。

 「現在、Mac、iPhone、それにApple TVが(Mac OSで)動いており、(iPodが)このOSをベースにすれば、Appleは(Mac OSをベースにした)消費者向け家電製品のラインアップを完成させることになる」とMunster氏は記している。

 新しいiPodにMac OSを採用すれば、iPhoneが持つタッチスクリーン型のインターフェースを新しいiPodにも採用できると、Apple関連の情報サイトAppleInsiderは指摘している。つまり、iPodやiPod nanoで現在採用されている物理的なクリックアンドホイールをやめ、この操作をiPhoneをまねた仮想インターフェースに変更することによって、ディスプレイに利用できる面積を最大限確保するという考え方だ。
(2007.9.4/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-05 06:44 | 周辺機器  

<< ケータイ顔写真採点 「写メコン... 国内PC秋冬モデル 次世代DV... >>