Windows Live Hotmail、受信トレイ容量を 5GB に




マイクロソフトのオンラインサービス事業部は2007年9月3日、米国に引き続き、日本でも「Windows Live Hotmail」(旧:MSN Hotmail)受信トレイ容量を 2GB から 5GB に拡大した。

Windows Live サービス全体に共通のユーザーインターフェイスを採用、Outlook Connector による Outlook との連携を強化、Outlook から Windows Live Hotmail アカウントの閲覧や管理が自由できるようになった。

また、休暇などで受信メールに対する返信が遅延する場合などに、事前に設定したメッセージを自動送信できる、不在時の自動応答機能、Outlook から送信された会議出席依頼のメールに対して“出席/欠席”の返信メールを送信し、Windows Live Hotmail の「カレンダー」に予定が反映されるなどの、機能が追加された。

さらに、ユーザーが Windows Live Hotmail アカウントを複数持っている場合、受信したメールを他のアカウントに自動転送する機能も追加された。

Outlook Connector と Windows Live Mailβ版のダウンロードは、同社サイトから。
(2007.9.3/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-03 19:57 | インターネット総合  

<< NEC、“顔パス”でVista... NEC、BDとHD DVD両対... >>