Mac OS X用の「Google デスクトップ」日本語ベータ版リリース




 米Googleは8月31日、Mac OS X用の「Google デスクトップ」日本語ベータ版と「Google Updater」をリリースしたと発表した。既に英語ベータ版はリリースされていたが、今回のバージョンアップで日本語、中国語をはじめとした9言語に新たに対応した。Mac OS X 10.4以上に対応する。

 日本語、中国語に対応したことにあわせて、Mac OS X用のGoogle デスクトップは単にローカライズしただけではなく、英字以外の言語のインデックスをサポートするために多くの改良が行なわれている。また、英語ベータ版を利用していたユーザー向けにも多くのバグが修正されている。

 この新バージョンでは、「Mail」および「Entourage」で迷惑メール判定されたメールを無視する機能、「Address Book」とEntourageの連絡先グループのサポート、Mac OS X 10.4で将来再起動が必要となる問題を防ぐためにカーネル拡張を2つに分割したことなどの改良点がある。

 そのほかに修正されたバグとして、コマンドキー2回押し(「クイック検索ボックス」を表示するためのホットキー)の誤動作のバグ、インデックスに登録されていないボリュームに変更が加えられるとパフォーマンスが低下するバグなど9つのバグが挙げられている。

 この新バージョンは日本語、中国語(繁体字、簡体字)、英語(英国)、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、オランダ語に対応している。
(2007.9.3/ Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-03 17:36 | インターネット総合  

<< NEC、BDとHD DVD両対... 「悪意はなかった」--ソニー、... >>