タイ政府、ユーチューブへのアクセス禁止を解除

 タイ政府が、米グーグル傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」への約5カ月に及ぶアクセス禁止を解除した。同国のプミポン国王を侮辱するいかなる内容の動画も掲載しないことで合意したことが背景。
 情報通信技術省の関係者によると、シティチャイ情報通信技術相は先に、プミポン国王を侮辱する動画に対するタイ国内からのアクセスをユーチューブ側が制限したのを受け、アクセス禁止を解くよう指示したという。
 ユーチューブはことし5月、該当する一部動画へのブロックを決定したと発表したが、その実現には数カ月が必要との見方を示していた。
 タイ当局はその後、ユーチューブの経営陣に対し、内容が侮辱的だとみなされる動画12本のリストを送付。そのうちの6本は自主的に削除されたか、ユーチューブの規約に反したとして削除されていた。

(2007.9.2/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-03 00:54 | インターネット総合  

<< 「Advanced/W-ZER... 米有料TV最大手、日本でVOD... >>