みずほ銀行、仮想空間「セカンドライフ」に参加・1日から


 みずほ銀行は1日から、インターネット上の三次元仮想空間「セカンドライフ」に大手銀行で初めて参画する。電通がセカンドライフ内に設けた仮想都市空間「バーチャル東京」にみずほ銀の施設をつくる。

 みずほ銀の仮想施設は、同行の商品やサービスに関するクイズに答えて観覧車に乗るといった内容。利用者に対する宣伝効果を期待している。(2007.9.1/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-09-01 09:45 | インターネット総合  

<< エバーグリーン、カーナビでも利... お菓子の袋を封する超簡単な方法が話題 >>