Google、ガイドライン違反警告メールの送信を再開

グーグル、電子メールによるサイト運営者へのペナルティ警告メール送信再開。


米Googleは2007年8月30日、ウェブマスターガイドラインに違反したサイト運営者に対するメールによる警告メッセージの送付を再開することを明らかにした。


Googleは2005年後半より、ガイドライン違反のサイト運営者に対してメールで警告メッセージを送付することを開始した。例えば、隠しテキストや隠しリンクを使って不正にランキングを操作しているウェブマスターに対して、一定期間内にその行為をやめないとGoogleインデックスから削除する旨を知らせていた。

しかし、ドイツを中心に偽の警告メッセージの送信者が現れたことからGoogleはメールでの警告をやめて、かわりにウェブマスターコンソール(サイトマップの管理画面)上でのメッセージ送信に切り替えた。ウェブマスターコンソールはウェブマスターの認証を受けているため安全であるものの、これを利用していないウェブマスターには知らせることができないという欠点もある。

そこで結局、Googleはメールによる警告メッセージ送付を再開した。なお、Googleはこの警告メッセージには添付ファイルはつけないとしており、ウイルス感染をねらった悪意ある偽の送信者に注意するよう呼びかけている。(SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-30 18:45 | インターネット総合  

<< 三洋電機の携帯販売事業、三井物... ニコンが無線LAN対応フォトサ... >>