携帯メールの件名「Re:」が5割超える~アイシェアが調査



アイシェアは、2007年8月29日、自社会員を対象に行った「携帯メール利用時の『件名』に関する意識調査」の結果レポートを発表した。



調査対象は704名、男女構成は男性54.5%、女性45.5%。調査期間は2007年8月24日~27日、年齢構成は20代15.2% 30代48.3% 40代23.0% 50代5.3%。

この調査では、携帯電話のメールで利用者がどのようにメールを判断しているか、また件名の重要度について意識調査を行っている。

新規作成時は72.4%が「件名を入力している」と答えているが、返信時は「件名変更をしない」が65.5%。「受信箱に多い件名」では返信に自動で付加される「Re:」が55.3%と半数を超えた。

手入力される件名としては挨拶が31.1%となっている。これには「元気?」「お久しぶり」などが入っていると思われる。絵文字、顔文字は言葉が思いつかず「件名をひとまず入れた」とレポートは予測している。

なお、「1か月ぶりにメールを出す場合」でも28.4%が「メールをさがして返信」を行うと答えている。
(2007.8.29/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-29 20:26 | インターネット総合  

<< 「P904i」の指定着信設定や... 総務省や文科省もWikiped... >>