Stormワーム、今度はYouTubeを利用




 Stormワーム(別名Zhelatin)が感染拡大のためにまた新たな手法を取り入れた。今度は動画共有サイトのYouTubeを利用している。

 この手法では、StormワームはYouTubeビデオへのリンクに見せかけたURL入りのメールを送ってくる。このURLをクリックすると、YouTubeのロゴが入ったページにリダイレクトされる。このページには「15秒経ってもビデオのダウンロードが始まらなかったら、ここをクリック」というメッセージでvideo.exeというファイルをダウンロードさせようとする。

 YouTubeを装う点以外はこれまでのStormワームと同様という。Stormワームは出会い系サイトの登録完了メッセージやワーム感染警告、グリーティングカードを装うなどさまざまな手段で感染を広げようとしている。
(2007.8.27/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-27 22:14 | インターネット総合  

<< エイサー、ゲートウェイを7億1... セガ「ファンタシースターユニバ... >>