セガ「ファンタシースターユニバース」で個人情報閲覧できる状態に




 セガは、オンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」の課金システムに問題があり、3月29日から8月22日までの間、登録ユーザーがプログラムを改ざんするなどして不正アクセスした場合、ユーザーの個人情報が閲覧できる状態だったと発表した。実際には不正アクセスはなく、個人情報は流出していないという。

 閲覧されるおそれがあったのは、最大で4万7494人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、課金履歴、ゲームID。ログインパスワードやクレジットカード情報は含まれていなかった。

 登録ユーザーが、課金システムのプログラムを改ざんするなどして不正にアクセスした場合に、閲覧可能な状態になっていた。問題は8月22日午後9時ころ、同社のスタッフが課金システムの動作を検証している際に判明し、課金システムを停止。問題を解決して8月23日午後3時に再開した。

 同社は、同ゲームを含めた4つのゲームで、課金システムの構築・運営をISAOに委託していたが、ほかのゲームには問題はなかったとしている。
(2007.8.27/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-27 22:13 | インターネット総合  

<< Stormワーム、今度はYou... ひみつが透けて見える「くうき砲」 >>