ヤマギワソフト各店閉館へ-中央通りのシンボルマーク姿消す






 ヤマギワソフト館(千代田区外神田3)ほかヤマギワソフト各店舗が9月2日で閉館する。

 閉館は、ソフマップの「秋葉原地区再編計画」の一環であるヤマギワソフトを運営するソフマップソフトの吸収合併と、「ソフマップ」「ヤマギワソフト」の各店舗を、秋葉原中央通りを中心とした総面積約4,500坪の「ソフマップタウン」として再編するために行われるもの。現在、各店舗では閉店セールや大看板の工事が行われている。

 閉館後各店舗は、店舗ごとに設定したテーマに基づく品ぞろえと専門性を追求した店舗としてリニューアル。ヤマギワソフト館は「ソフマップ 秋葉原パソコン総合館」へ、ヤマギワソフトアニメ館は「同秋葉原音楽CD館」へ、ヤマギワソフトA館は「同秋葉原DVDソフト館」へ、ヤマギワソフトU-SHOPは「同秋葉原デジタルクリニック」として9月上旬から新たに稼動を開始する。

 これにより、秋葉原地区では「ヤマギワソフト」という名称は消滅する。
(2007.8.27/アキバ経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-27 14:39 | PC  

<< ウィルコム、「高速化サービス」... 82〜87年生まれの人を「プレ... >>