マイクロソフト、SEOなどの情報を提供する「Webmaster Portal」を開設

マイクロソフトもようやく、サイト運営者向けのSEO情報やツールを整理・公開する。今秋、「Webmaster Portal」を一般公開する。サイトマップの管理も可能に。


米Microsoftは2007年8月23日、Live Search公式ブログにてSEOに関するツールや情報をまとめたサイト運営者向けのポータルサイト「Webmaster Portal」を開設することを明らかにした。


Webmaster PortalではLive Search向けのSEOに関連する情報やツールを提供する。現在のところ、MSNbotに関するトラブルシューティング、サイトマッププロトコルやpingについて、懐石、サブドメインの取り扱いなどの情報を扱う予定。同社はサーバ負荷の問題から link:(指定したURLのバックリンク一覧を表示する検索式)を停止したが、Webmaster Portalからは利用可能になる見込み。これらのツールは今秋に一般公開する。
(2007.8.24/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-24 16:23 | インターネット総合  

<< MS、検索フロントエンド「Ta... ヤフー検索(YST)、インデッ... >>