電通、セカンドライフ内に陸上競技場を開設


 電通は23日、インターネット上の3次元仮想世界「セカンドライフ」内の仮想都市「バーチャル東京(VT)」を24日に開設すると発表した。サービスの第1弾として陸上競技場「VTスタジアム」を設置。25日に開幕する世界陸上大阪大会と連動し、100メートル走や砲丸投げなどの競技会を開く。
 VTスタジアムではユーザーがアバター(自分の分身)を操作して競技会に参加。各競技を仮想体験する。またスタジアム内に大型スクリーンを設置し、世界陸上に関連する動画を配信する。ユーザーがテレビなどでの観戦と仮想世界で競技を疑似体験することによって世界陸上を盛り上げる。(2007.8.24/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-24 16:20 | インターネット総合  

<< ヤフー検索(YST)、インデッ... ニフティ、サービス利用者の交流... >>