Sun、株式市場でのティッカーシンボルを「JAVA」に




 米Sun Microsystemsは8月23日、NASDAQ株式市場での同社株のティッカーシンボルを「SUNW」から「JAVA」に変更すると発表した。新シンボルは、27日の取引から使用される。

 Javaは同社が1995年に開発した技術ブランドで、GoogleやeBayのほか、利用分野は金融や通信業界まで幅広い業界をカバー。Javaプラットフォームは、21億台以上の携帯端末に加え、インターネットに接続しているほとんどすべてのPCに採用されている。

 Sunは、Java技術のライセンスのほか、Javaに関連するソフトウェアやストレージ、サーバなどからも多くの収入を得ており、ティッカーシンボルの変更で、同社と市場との結び付きがさらに強まるとみている。
(2007.8.24/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-24 16:16 | インターネット総合  

<< Skypeが有料サービス契約期... 710億円の大型LBO・ソフト... >>