710億円の大型LBO・ソフト子会社弥生、ファンドが買収


 ライブドアホールディングス(旧ライブドア)は23日、ソフト販売子会社の弥生(東京・千代田、飼沼健社長)を、日本や韓国を中心に活動する独立系投資ファンドのMBKパートナーズに売却することを決めた。売却額は740億円。世界的な信用収縮が深刻化するなかで、8月以降途絶えていた大型のLBO(借り入れで資金量を増やした買収)が日本で成立することになる。

 両社は24日に発表する見通し。複数のファンドや金融機関を対象に入札を実施した結果、MBKが最も有利な条件を提示したもよう。弥生経営陣も一部出資するMBO(経営陣が参加する買収)となる見通し。(2007.8.24/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-24 09:06 | インターネット総合  

<< Sun、株式市場でのティッカー... ニコン、自社開発のフルサイズセ... >>