ニコン、自社開発のフルサイズセンサー搭載デジタル一眼「D3」などを発表



 ニコン <7731> (苅谷道郎社長)は8月23日、デジタル一眼レフカメラの新モデルとして、35mmフィルムの画面サイズに準じる大型CMOSセンサーを搭載したプロ向けモデル「ニコンD3」、画質や操作性などを向上させた中級者向けモデル「ニコンD300」を11月に発売すると発表した。価格はともにオープンで、ボディ単体の実勢価格は「D3」が58万円前後、「D300」が23万円前後の見込み。



 「D3」は、撮影素子に35mmフィルムカメラとほぼ同じ、自社開発の36.0×23.9mmのCMOSセンサーを搭載し、「銀塩カメラ並のハイクオリティの画質で撮影できる」(同社広報)という。有効画素数は12.1メガピクセルで、ISO感度はISO200-6400。本体サイズは幅159.5×高さ157×奥行き87.5mm、重さは約1240g。

 「D300」は、画面サイズ約24×16mmのCMOSセンサーを搭載。さらに、同社では初の「イメージセンサークリーニング機能」を備え、OLPFについたゴミやホコリをOLPFを振動させて払い落とすことができる。クリーニング機能は、電源のオン/オフ時に自動的に動作するほか、メニュー操作から作動させることも可能。有効画素数は12.3メガピクセルで、ISO感度はISO200-3200。本体サイズは幅147×高さ114×奥行き74mm、重さは約825g。

 このほか2機種とも、思い通りの画像の仕上がりを選択・調整できる「ピクチャーコントロールシステム」や、高密度51ポイントAF(オートフォーカス)採用のAFシステムなどの新機能を搭載。モニターには高精細・広視野角の3型VGA液晶を採用し、液晶モニターで被写体を確認しながら撮影できる、「手持ち撮影モード」と「三脚撮影モード」の2種類の「ライブビュー機能」も搭載した。

 記憶媒体はコンパクトフラッシュ(CF)に対応し、「D3」は2枚のCFカードをセットして「順次記録」「RAWとJPEG分割記録」や画像のスロット間コピーなどが可能な「CFカード ダブルスロット」を装備した。同社の一眼レフカメラでは初めて、写真を大画面のテレビで見ることができる、HDMI出力にも対応した。
(2007.8.23/BCN)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-23 19:35 | 周辺機器  

<< 710億円の大型LBO・ソフト... Google Earthが宇宙... >>