ヤフー、動的URLのクロール効率を高める「Dynamic URLs」をリリース

米Yahoo!、YSTの動的URLのクロール効率を高めるためのサイト運営者向けツール「Dynamic URLs」をリリース。より多くのページを効率よくYSTに登録することが可能になる。


米Yahoo!が提供するサイト運営者向けツール「Yahoo! Site Explorer」に、検索エンジンのクロール効率を改善する新ツール、Dynamic URLs(ダイナミックURL)が追加された。


Dynamic URLsは、自分のサイトの動的URLの処理方法を指定するための機能。検索エンジンは複雑なパラメータやセッションIDを含むURLをクロールしないケースがあるが、そうした状況を改善して適切にページをインデックスするためのもの。例えば、 http://example.com/store?prod=1&sid=23yadh56 というセッションID sid を持つ時に、Dynamic URLsの管理画面で「sidを取り除く」という指定をすると、YSTのクローラは同URLをクロールした時に http://example.com/store?prod=1 と解釈して(URLをリライトして)ページをインデックスする。同様のことはサーバ側でURLリライトで対応できるが、Dynamic URLsを使えばYST内で処理してくれる。

パラメータの指定は1サイトあたり3つまで指定可能。また、Dynamic URLsを利用するにはYahoo! Site Explorerでサイトを認証する必要がある。

Yahoo! - Dynamic URLs
http://help.yahoo.com/l/us/yahoo/search/siteexplorer/dynamic/index.html
(2007.8.22/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-22 20:35 | インターネット総合  

<< 厚労省が携帯に就労支援サイト…... 「テレビや口コミがきっかけで検... >>