10メガに進化したハイアマ向けデジ一眼「EOS 40D」



 キヤノンは8月20日、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 40D」を8月31日より販売開始すると発表した。ボディのみと、EF-S18-55mm F3.5-5.6 ISをセットした「EF-xzS18-55 IS レンズキット」、EF-S17-85mm F4-5.6 IS USMをセットした「EF-S17-85 IS U レンズキット」が用意され、いずれも価格はオープン。実売想定価格はボディのみが15万円前後、EF-S18-55 IS レンズキットが17万円前後、EF-S17-85 IS U レンズキットが20万円前後。


 2006年3月に販売開始された「EOS 30D」の後継機種。APS-CサイズのCMOSセンサーの画素数が有効820万画素から有効1010万画素にアップしたほか、画像処理エンジンが「DIGIC II」から「DIGIC III」に変更されている。CMOSセンサーから出力されるアナログ信号のA/D処理を従来の12ビット処理から14ビット処理に変更することで、より豊かな階調表現を可能とした。

 オンチップマイクロレンズの改良によって集光効率が高められており、常用設定ISO範囲100~1600を確保している。ISO感度は全自動などのプリセットされた撮影モードでも、自動的に最高800までが設定される。

 シャッター駆動用とレンズ駆動用にそれぞれモーターを搭載する「2モーターシステム」の採用などによって、連続撮影性能も最高約6.5コマ/秒・約75枚と高められた。連写については最高約6.5コマ/秒の「高速連続撮影」と最高約3コマ/秒の「低速連続撮影」を切り替えて利用することも可能だ。


 AFについては、縦線と横線を検出できるクロス測距センサーを9点の測距点すべての配置。中央の測距点にはシリーズ製品として初めて、F2.8対応の縦線・横線対応のセンサーが搭載されており、より正確なピントあわせが可能になっている。光学ファインダーも新設計され、倍率約0.95倍(視野角26.4度)/視野率95%となっている。

 ゴミ除去については、EOS Kiss Digital X と同様に「ゴミの発生を抑える」「ゴミの付着を抑える」「ゴミを取り除く」という総合的対策「EOS Integrated Cleaning System」を実装。超音波振動を利用してゴミをふるい落とすセルフクリーニングセンサーユニットなどでゴミの影響を最低限に抑える。

 背面の液晶ディスプレイは3インチの大型タイプを採用(EOS 30Dは2.5インチ)。CMOSセンサーの映像をリアルタイムに確認しながら撮影できる「ライブビュー撮影機能」も搭載している。ライブビュー利用時には視野率約100%の表示が可能なほか、5倍/10倍に拡大しながらも利用可能なので、マクロ撮影時などにも威力を発揮する。

 機能面では利用頻度の高い項目を6つまで登録できる「マイメニュー機能」のほか、ユーザー自身が設定した撮影機能やメニュー項目を3つまで登録できる「カメラユーザー設定機能」、高輝度側のダイナミックレンジを拡張することで白飛びを抑制する「高輝度側・階調優先」機能がカスタム機能に新搭載された。

(2007.8.20/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-20 21:02 | インターネット総合  

<< オリコンとミクシィが提携――興... ゲームテック、DS用ゲームのセ... >>