ロジクール、受信機を小型化した無線対応マウス


 ロジクール(東京・新宿、ケン・オーバーマン社長)は受信機を小型化した無線対応マウスを9月7日に発売する。受信機のパソコンからの出っ張り部分の長さを同社従来品の約4分の1の8ミリにした。パソコンの携帯時に邪魔にならない。

 アンテナを小型化したほか、従来出っ張り部分にあった回路部品などを差し込み部分に配置した。無線対応のマウスでは、パソコンのUSB端子にマウスの操作信号を受信する機器をつける必要があり、従来の受信機の突起は3センチ程度だった。

 価格はオープンだが、同社の直販サイトでは9980円。(2007.8.16/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-19 09:33 | 周辺機器  

<< 「感性検索」販促活用広がる、キ... ヤフーがファッション情報、電子... >>