博報堂、ブログ分析で商品評価


 博報堂は個人のブログ(日記風の簡易型ホームページ)の中で、商品やブランドがどのように評価されているかを調査・分析する企業向け事業を始める。NECなどが開発した高精度のソフトウエアを基に、専用ソフトを使って約300万のブログから関連する書き込みを抽出。評価の良しあしや、話題に上る頻度などを分析する。消費者の本音を探り、企業の広告・販促戦略を支援する。

 調査対象となる企業・ブランド名や商品名を決めたうえで、3カ月間にわたってブログでの評判を追跡する。ブログに書き込まれた意見が肯定的か否定的かを分類したうえで、件数の推移を毎週速報データとして提供する。ビールであれば「コクがある」など具体的なコメントも列挙し、ライバル製品との比較コメントなども確認できる(2007.8.18/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-18 16:57 | インターネット総合  

<< ビッグローブ、アクセス急増に対... 仮想世界がリアルワールドのエコ... >>