NECソフト、イメージ処理ソフトの最新版を発売


 NECソフト(東京都江東区、国嶋矩彦社長、03・5534・2222)は、画像データのフォーマット(形式)を一括変換するイメージ処理ソフトの最新版「イメージアクターコマンド」を発売した。複数のデータ形式を一括処理することで、データ移行時間の短縮化などを実現する。価格は10万5000円。今後3年間で2000万円の売り上げを見込む。
 最新版は、メーンフレーム(大型汎用機)上に保存している画像データ形式とウィンドウズ対応の画像データ形式を、ビットマップ形式に一括変換することができる。データの移行作業時間の短縮につながるほか、キーボードを用いたコマンド(命令)操作により、既存システムと連携しやすくなる。
(2007.8.18/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-18 16:08 | PC  

<< 仮想世界がリアルワールドのエコ... 仮想アイドル伊達杏子6年ぶり復活! >>