MSのオンラインストレージサービス、「Windows Live SkyDrive」に

名称変更に加え、画像のサムネイル表示やドラッグ&ドロップによるファイルのアップロードなどの新機能が加わった。

 米Microsoftは8月9日、オンラインストレージサービスの名称を「Windows Live SkyDrive」に変更し、アップデートを加えたと発表した。

 このサービスは6月末から「Windows Live Folders」という名前でβ公開されていた(6月27日の記事参照)。公開以降ユーザーから寄せられたフィードバックに基づき、ルック&フィールを変更し、画像のサムネイル表示やドラッグ&ドロップによるファイルのアップロードなどの新機能を加えた。また同サービスを英国とインドにも拡大したという。
(2007.8.10/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-12 14:01 | インターネット総合  

<< 経産省、中小企業への税優遇拡大... エルピーダ、最先端DRAMを量産 >>