WebベースのPowerPoint代替ツール「Preezo」のβ版登場


特別なソフトやプラグインがなくても、Web上でプレゼンテーションを作成、共有することができる。

 米Adaptix Technologiesは8月9日、Ajaxを利用したWebベースのプレゼンテーションツール「Preezo」のβ版をリリースした。


 PreezoはPowerPointと同等の機能をWeb上で簡単に使えるようにしたもの。ネットに接続したPCとブラウザ(IE 6以上およびFirefox 1.5以上に対応)さえあれば、プレゼンテーションを作成、共有、コラボレートすることができる。またユーザーインタフェースはシンプルで使いやすく、PowerPointユーザーであれば誰でもすぐに使い方をマスターできるという。

 Preezoの開発は現在も進行中で、今後も新しい機能が追加されていく予定だ。現時点で追加が予定されている機能には、高品質印刷、画面切り替え、プロレベルのデザインテーマ、PowerPointファイルのエクスポートとインポートなどがある。
(2007.8.11/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-11 18:05 | インターネット総合  

<< エルピーダ、最先端DRAMを量産 <学校裏サイト>陰湿化深刻 い... >>