「物欲」を可視化する情報蓄積型 SNS「zigsow」公開




zigsow 株式会社は2007年8月7日、ユーザーの物欲(獲得・所有・誇示)を可視化・関連付けし、その周辺情報を蓄積していく「モノが主役」のコミュニティサイト「zigsow(ジグソー)」を一般公開する、と発表した。

zigsowは、「人」ではなく「物欲」を軸として、ユーザーがモノに対して持つ「こだわり」や「思い」を蓄積していく SNS サービス。ユーザーは自分の「もちもの」と「ほしいもの」について他のユーザーと意見交換を行ったり、もちものを販売・交換できる。

これまでは招待制だったが、今後は誰でも参加可能。まずは閲覧制限のあるオーディエンスユーザーとして登録し、自ら多くの情報を発信することにより、通常ユーザーへ昇格することができる
(2007.8.8/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-08 20:46 | インターネット総合  

<< iPhone を日本で使うため... 米地裁、Microsoft に... >>