商品の製造元をバーコードから割り出す

 オフィス用品の中には、包装紙をやぶいてパッケージから取り出してしまうと、製造元がどこなのか見分けがつかなくなってしまう製品がある。ノートや付箋紙、ボールペンといった品から、組み立て式のOAチェアに至るまで、本体に製造元や型番が明記されていない製品は、案外多いものだ。



 これらの製品は、日常使うぶんにはとくに支障はないのだが、例えば製品不良でメーカーへの問い合わせが必要になった場合や、同じ製品を買い足すために型番を知りたい場合に、一苦労することになる。本体にこうした情報が印字されていない上、パッケージさえも処分してしまっていると、もうお手上げだ。

 こうした場合、もし本体貼付のシールなどでバーコードが残っているようであれば、そこに書かれたJANコードを手がかりに、製造元の会社を逆引きすることが可能だ。メーカーが意図的に社名を隠したい場合でも、店舗内のPOSデータを通すために、バーコードだけは残している場合があるからだ。

 製造元を逆引きするためには、財団法人流通システム開発センターが提供している「GEPIR Search」を使うとよい。JANコードから企業名や住所を検索することができるので、バーコードの下に印字されているJANコードを入力して検索ボタンを押すだけで、簡単に製造元の社名や連絡先を知ることができるのだ。

 ちなみにJANコードの多くは、13ケタのうち頭の7ケタが企業コードであるが、拡張規格を採用している場合には、頭9ケタまでが企業コードとなっている場合がある。従って、企業名を検索する際は、最低でも9ケタは入力するようにしたい。

 JANコードが付いている商品であれば、基本的にどんなもので検索できるはずだ。だが、販売店などが独自に発行しているインストアコードは利用できないので注意したい。
(2007.8.6/ITmedia Biz.ID)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-06 20:00 | 周辺機器  

<< ニフティ、企業と顧客とのコミュ... ドコモのPHS、同一番号でウィ... >>