「ネットID」持ち運び、全端末で自分仕様に・総務省


 総務省はパソコンや携帯電話などあらゆる情報端末で、個人認証を共通化する技術を2010年度をめどに開発する。カードに入ったIDを端末に読み込む仕組み。外出先にあるパソコンや携帯端末でいつでもテレビ会議ができ、特別な設定をしなくても動画配信サービスを受けられるようになる。

 08年度の予算要求に研究費を盛り込み、10年度までに約10億円を投じる計画だ。民間の通信事業者やメーカーと共同で、認証の仕組みや情報漏れを防ぐ技術を開発する。電話やパソコンだけでなく冷蔵庫などあらゆる機器をネット接続する実験も進める
(2007.8.6/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-06 17:04 | インターネット総合  

<< 一太郎に新たなゼロデイ攻撃、画... メモリ価格下落で半導体売上高が減少 >>