企業広告&遊びの「アドバゲーム」、じわり拡大


 ゲームソフト各社が特定の商品やサービスを紹介する企業向けオリジナルゲームの受注・製作に力を入れている。スクウェア・エニックスは学習研究社と新会社を設立した。インディソフトウェア(東京・千代田)は企業のオリジナルゲームを集めたサイトを開設、開発人員も増強する。遊びながら認知度を高められる広告・マーケティング手法として定着を狙う。

 広告(アドバタイジング)とゲームを掛け合わせて「アドバゲーム」と呼ばれる。商品やサービスの特徴、企業イメージにあわせてゲームを一から開発し、ネットを通じて広くゲームを楽しんでもらうことでブランドの浸透や集客を狙う。ゲームや映画などに特定商品を部分的に露出するプロダクト・プレースメントの手法とは異なる。
(2007.8.6/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-06 09:30 | インターネット総合  

<< 仮想都市運営大手のスラケ、日本... NTTデータ、シングルサインオ... >>