NTTデータ、シングルサインオン機能開発


 NTTデータは認証が必要な企業内の複数システムへのアクセスを1回のログイン処理で済ませることができるシングルサインオン機能を開発した。システムごとに管理していたIDやパスワードを1つにまとめることで、システム利用時の認証作業削減やセキュリティーの向上につなげることができる。
 新機能は認証連携の標準化団体「リバティアライアンス」の仕様に準拠。ウェブシングルサインオンシステム「バナディスSSO」のオプション機能として提供を始めた。
 企業のイントラネットとアプリケーション・サービス・プロバイダー(ASP)方式のサイトや、企業グループネットワーク間の連携システムを可能とするソリューションとして市場を開拓。09年までにシステム構築全体で15億円の売り上げを見込む。
(2007.8.4/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-05 17:13 | インターネット総合  

<< 企業広告&遊びの「アドバゲーム... ウォークスルーで虹彩認証、松下... >>