HPでカーナビ価格を超安値誤表示、注文は無効…東京地裁



 インターネットのホームページ(HP)で、実際には13万1000円のカーナビを誤って1万3100円と表示して注文を受けた車用品販売会社(東京都)が、売買契約の無効確認などを求めた訴訟の判決が3日、東京地裁であった。

 鯉沼聡裁判官は「表示価格が誤りだったことを注文者が認識していたことは明らか」と述べ、会社側の請求を認めた。

 判決によると、同社は2005年9月、カーナビの販売価格を間違って表示し、3日間で約3000件の注文を電子メールで受けた。同社は間違いに気づいた後、注文者に販売は出来ないとするメールを送信したが、注文者のうち44人が表示通りの値段で販売するよう求めたため、会社側が提訴していた。
(2007.8.4/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-08-04 11:12 | インターネット総合  

<< 英BBC、ネット使った番組配信... アットムービー、「セカンドライ... >>