Second Life に現状では興味がない76.4%~アイシェアが調査




オンラインリサーチなどを手がける株式会社アイシェアは、オンライン 3D 仮想世界「Second Life」について意識調査を行い、2007年7月30日、その調査結果を公開した。

調査時期は2007年7月、調査方法は、アイシェアが運営するメール転送サービス「CLUB BBQ」会員限定の Web 調査。回答者は585人で、男女比は男性:51.3%、女性:48.7%。

Second Life を認識していた数は63.9%。知るきっかけは「雑誌・テレビ」が52.4%と過半数だ。「ネット」が42.2%とSecond Lifeがネットワークの世界であっても「雑誌・テレビ」の影響の方が高い。

Second Life 利用経験者は3.8%。インターネットコムと goo リサーチが行っている「Second Life 定期リサーチ」の第1回(利用経験者約4%)とほぼ同等の結果だ。

それ以外の回答者に今後始める予定があるかどうかを尋ねたところ、現状では「興味がない(76.4%)」に意見が集中している。
(2007.7.30/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-30 18:14 | インターネット総合  

<< YouTube、著作権映像フィ... 佐賀新聞、Twitter風サー... >>