オーストラリアの流刑囚リスト、オンライン公開




 英Ancestry.co.ukは7月25日、囚人としてオーストラリアへ島流しにされた人々の記録「Convict Transportation Registers: 1788-1868」を、オンラインで公開すると発表した。同記録には18世紀、19世紀に囚人としてオーストラリアへ送られた16万3021人の氏名などが記載されている。


 Ancestry.co.ukは、英国人の200万人以上の祖先が同記録に記載されていると推測。これは30人に1人がリストに掲載された祖先を持つ計算になるという。

 「The National Archives」に保管されている記録には、氏名、罪を犯した日付と場所、刑期、船名、出発日と送られた植民地名などが含まれている。また職業、配偶者の有無、宗教、釈放日も記載されているという。

 英国政府が流刑囚植民地として初めてオーストラリアに入植したのは1788年とされる。同年から流刑囚の記録が残っているためだ。

 流刑がピークに達した1833年には、36隻もの船が7000人を植民地へ運んだ。英国からオーストラリアへの船旅は、食料や燃料補給のための入港期間2カ月を含み8カ月間かかったとされる。

 囚人の83%は15歳から30歳の男性で、75%は単純労働従事者だった。ただし殺人などの重罪を犯したものは2%とごくわずかで、大半の人々が犯した罪は軽いものだったという。

 囚人名を検索するには会員登録が必要。6.95ポンドで14日間に12件の記録を閲覧できるサービスのほか、14日間有効の無料トライアルもある。
(2007.7.27/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-27 16:11 | インターネット総合  

<< MS、「ディスプレイ広告の取引... Mozilla Foundat... >>