マイクロソフト、企業向け担当者倍増――システム設計や保守支援


 マイクロソフト日本法人(東京・渋谷)は26日、企業顧客向けのサービス事業を強化すると発表した。3年後をめどに担当者を500人に倍増、システム設計のコンサルティングから稼働後の保守まで一貫して支援できる体制を築く。マイクロソフト製品を使って大規模システムを構築する事例が増えてきたのに伴って、支援体制を強化する。

 人員増に併せてサービス提供体制も見直す。コンサルティングや保守のサービス内容をメニュー化し、短期間で顧客に提供できるようにする。これまでは顧客ごとにサービス内容を決めていたため、効率が悪かったという。(2007.7.27/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-27 09:35 | PC  

<< NTTドコモが基本料を再値下げ... 「日本の子供のメール使用頻度は... >>